印鑑は大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 印鑑は大事
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

「報酬の良い仕事」と「居心地の良い家」を得るために「通勤」は合理的な選択です。ただし、人はそのために代償を支払わなければなりません。通勤が「旅」だった時代から始めて、「現状」「未来」について考察しています。

 ディケンズの時代、ロンドン(に限らずイギリスの都市)の衛生状態・住環境は最低でした。そこに蒸気機関車が登場。はじめは貨物運送が主目的でしたが、やがて旅客輸送が潜在的に巨大なマーケットであることに気づく人が現れます。列車を利用する目的は、競馬場へ行くことや郊外へのピクニックなどでしたが、通勤も早期から混じっていました。しかしそれは「危険な旅」でした。時刻表は不確実で、乗客の安全はないがしろでした。今空港で生命保険が売られているように、駅の切符売り場では生命保険も売られていました。

  • はんこ屋 所沢市
  • はんこ屋 深谷市
  • はんこ屋 川越市

  • 時刻表の正確さが、乗客の利便だけではなくて事故予防にも重要であることが周知され「鉄道時間」がイギリス全土に普及します。それにより、国民は時計を持つようになり「遅刻」という概念も普及します。

     面白いのは、「通勤」によって「愛による結婚」が普及した、という指摘です。移動と居住の自由の幅が広がることによって、親・親戚・近隣社会の軛から離れたところで「結婚」が成立するようになり、そこで重視されるようになったのが「二人の愛情」だというのです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です