クラッチ操作

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - クラッチ操作
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

そもそも左足ブレーキなら「踏み替え」の必要がなく、渋滞路や住宅地の裏道などでは最初からブレーキペダルに左足を乗せておけば、必要な時に「空走時間」ゼロでブレーキペダルを踏める。


また、車庫入れ・駐車動作では、駆動と制動の切り替えを何度も繰り返さねばならず、しかも瞬時に行う必要がある。これも左足ブレーキが圧倒的に有利だ。

この時MT車(3ペダル)では、最初からクラッチペダルに左足を乗せており、クラッチ操作はいつでもすぐできる。そのクラッチを切れば、制動はできなくても駆動力はゼロになる。

ところが、一般的なAT車(2ペダル)だとアクセルオフでも駆動力がかかる。もともとトルクコンバーターの「クリーピング」がある上に、段差や短い斜面などがある場合にはアクセルペダルをかなり踏み込む必要があり、エンジンスピードがそれなりに上がっているので、アクセルペダルから足を離してもクルマはどんどん進む。だから、段差や短い斜面を越えたらすぐブレーキペダルを踏まねばならん。左足なら簡単だが、右足だと

 急いでアクセルペダルからブレーキペダルに移さなければならない。

  • スピリチュアルカウンセラー 旭川市
  • スピリチュアルカウンセラー 釧路市
  • スピリチュアルカウンセラー 札幌市

  • これを危険と言わずして何と言うか。特に、段差乗り越えの振動で着座姿勢が乱れたり、後退時に後ろを向いて尻の角度が変わったりしていたら、ブレーキペダルの位置がわからなくなりがちなのであーる。

    よって、2ペダルならブレーキは左足で踏むべし。脚が2本、ペダルが2個なんだから、1つずつ受け持つのが人間工学的にも理に適っている。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です