有棘細胞癌って?総合病院看護師事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 有棘細胞癌って?総合病院看護師事情
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

看護師の仕事と言われてすぐに思いつくイメージはいかがでしょうか?世間一般な感じで言うと「憧れの職を手にした」「プロフェッショナルな仕事」「弱気を助ける天使」といった風なイメージがかなり多いのだと想像します。
さてここでは看護師の賃金額というのはいくらもらえるのでしょうか?夜勤ありなしの条件で差がありますが看護師収入は一年間で「430万円~480万円」くらいなのだと聞いています。月々の給料となる約27万円~30万円に6月と12月に支給される年2回のボーナスと、これが詳細になります。
ひとくくりで看護師と言っても労働条件、経験、資格などにより様々ですが、活かせる資格およびスキルとしてはすなわち、正看護師と准看護師などの国家資格、さらに加えて看護師として就労した実務経験や病院内におけるコミュニケーション能力の持っているいないでかわります。
そして実際に身につくこと・ステップアップの方向としては、実務経験を積み、そして一緒に自分がやりたい看護という仕事の分野が決められるようになります。
自身のなりたいその分野の目指す方向に進むことによりより高度で専門的なキャリアアップを叶えることも出来るようになります。同じ看護分野でも自分がやりたい専門分野を極めることが、更なる収入増額に繋がる可能性が高くなります。
さらに、看護師の男女比率はだいたい9対1とほとんどが女性であると言えます。過去13年間の平均年収の変化を見てみると平成13年(2001年)では約480万円であった数値に対して平成25年(2013年)で約472万円であるということから過去から年収はほぼ変化していないと言えます。
平均時給では1966円の約2000円近い時給でもって業務を遂行していることから、それだけ看護師という職業は安定しており、さらに追記すると、人命救助にかかわるという必要不可欠な仕事なのです。
まとめると、自分のマスターしたい専門分野やステップアップを目指して慎重な職場選びを推奨します。そのためには看護師求人サポートサイトなどを活用しないという選択支はありません。たくさんの求人情報が閲覧でき、不安な気持ちも分かった上でサポートしてもらえます。
総合病院看護師求人情報はここ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です