公の語源と防犯カメラ設置ナビ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 公の語源と防犯カメラ設置ナビ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

帝国データバンク情報から、防犯カメラ・監視カメラに従事する会社158社を選びその経営状況を調べたと聞きました。その概要によれば監視カメラと防犯カメラの市場が目まぐるしく拡張しているという事実が明白になったといいます。
その理由として考えられるのは、世界中を恐れ戦かさせるテロリズムであったり、あちらこちらで発生する千差万別な犯罪に、全国民でセキュリティの必要性への意識の向上が有ります。
防犯カメラ設置の無料見積もりなら信頼のココ

セキュリティーのやり方の中でも犯罪の証拠を収める目としてあれよあれよという間に、カメラの取り付けに興味がひかれるようになってきました。2020年の日本の東京オリンピック開催に関しては、セキュリティ対策強化の一助として、監視カメラ設置の伸展が見通し高いです。
そのような中、防犯カメラ・監視カメラのマーケット拡大を狙う国内メーカーには、どのような目を引く動きが存在するのでしょうか?キャノンが、防犯カメラ業界世界最大手のスウェーデンのアクシスコミュニケーションズの買収を宣言しました。国内家電トップメーカーのパナソニックやソニーにおいては、高緻密の監視カメラの開発を公示しています。
一方、業種別の動向でというと、メーカーやそれの卸をする企業はもちろん業績が拡大しています。おまけに、その他にも「サービス業」・「建設業」でも業績が拡大しているんです。
さらに詳しく言うと、建設業では、監視・防犯カメラの取付工事を専門にする配線工事・電気通信業者が恩恵を受けているようです。そして、「サービス業」での業績が伸びている作業内容としては、監視・防犯カメラネットワークシステムの開発業、同システム+ソフトウェアの開発業、監視・防犯カメラのレンタル業やリース業などの職種が業績を伸ばしています。
最後に、防犯・監視カメラ関連会社の分布をパーセントで見た場合に、「関東」に48%、「近畿」に16%、「中部」に14%という分布だったといいます。3大都市圏は人口が多いためか、全体の80%ほどの会社が集中していることがわかりました。さらに、次に防犯カメラ関連企業が多いのは九州の11%となっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です