ミニストップへは立ち寄らずバレンタインプレゼントに革長財布

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ミニストップへは立ち寄らずバレンタインプレゼントに革長財布
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

革長財布の人気ポイントはデザインのみならず、使っている革自体の丈夫さも影響します。長財布に使われる魅力的な革は●ブライドルレザー●マットーネレザー●コードバンレザー●ミネルバボックスなどが人気です。革素材それぞれの持つ特性などを見比べてみましょう。
まずはブライドルレザーから。元々はブライドルレザーは馬の鞍などの馬具用にイギリスで生まれた革です。牛皮が原料で、植物エキスのタンニンでなめした後、蜜蝋を何度も塗り込んで繊維質を引き締めることで耐久性を実現しているのです。
こういうふうに製造工程が複雑であるため、革の仕上がりまでに5か月ほどかかるのです。そんな感じで出来上がった革は丈夫さは抜群だけどとても固く、加工縫製が難しく、熟練職人の高度な技術が何をおいても必要となっています。
ブライドルレザーでできた革長財布は、初めは革表面に少しだけ白い粉が付いたように見えますが、これは革に染み込んだ蜜蝋のものでまったく気にしないでください。使い込むほど革の表面に光沢がでて、風格のある革に大変身してゆくのが特徴です。
次はコードバンレザーの登場になります。コードバンレザーはスペインが発祥で、毎年ほんのわずかな量生産される農作業用の馬のおしりの革です。馬のおしりと言えば鞭で打たれる部分がゆえに、その強度には仰天します。合わせて、小量であることが希少価値を生み、その筋では「革のダイヤモンド」と呼ばれ重宝がられます。
牛革のだいたい3倍ほど強度があると聞いていますが、その革質は牛革よりも柔らかく弾力があり加工しやすいと聞きます。
機能的スタイリッシュで喜ばれる革長財布のバレンタインプレゼントならココ

コードバンレザーでできた革長財布は、手に取った感触も柔らかで高級感を感じますが、その耐久性には笑顔にさせられます。革の表面には蜜蝋を吹きつける加工が施されていますので、ずっと使っていると光沢感が出て個性的な逸品に変貌するのが特徴です。
ラストはマットーネレザー。マットーネはイタリアが発祥で、生後6か月以内の仔牛の皮を使って加工をした、すごく軟らかに感じる革です。その製法は昔からの伝統的なもので、植物由来のタンニンを使用してなめしたあと、時間と手間ひまをかけて天然オイルを染み込ませています。その上、卵白が原料のカゼインを使用して加工することで、革表面に特有の光沢と艶が出ます。
ここで途中までの同様の革の加工で、仕上げに革にさらに柔らかさを持たせるためにほぐし加工を追加して、表面がシワのように見える大量のシボが特徴的な革はミネルバボックスと呼ばれます。
マットーネレザーでできた革長財布は、柔らかく弾力のある手触りと革表面の適度なシワが持つ手にいい感じにきます。使ってゆくほど革の繊維がやわらかくなりこれがシワとなり、本来持ち合わせる光沢に加えて、特徴的な光沢を出す醍醐味ある逸品に大変身してゆくのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です