賢いコイン買取

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 賢いコイン買取
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

「テルマエ・ロマエ」で売り出したヤマザキマリの
「次は絶対ガチンコの古代ローマだ!」との思いから、
古代ローマの精神を丸ごと体現するような存在のプリニウスを描くことになったらしい。

で、プリニウスって誰?
「本名、ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(A.D.23~79年)。史上、もっとも有名な博物学者。
<寛容・進取・博学>と古代ローマの精神を一心に体現する男でもある。」と冒頭にある。
「博物誌」を書いた人だそうだ。

世界史の教科書で聞いたような気はするが、
いざどんな人物で、どんな人生を送ったのかといわれると。まったく想像がつかない。
ならば、この本を読めということだ。

目の前でおこるすべての現象を、蓄積し続けた教養をもとに語り続ける男・プリニウス。
彼は属州の総督代行として、口頭筆記者に自分が語るすべてを記録するように命ずる。
誰もが恐れる皇帝ネロの招集命令も意に介さず、ローマへ戻る旅路はゆったりとしたものだ。
プリニウスにとっては、皇帝よりも日々、目の前で起こることの方が興味深いのだ。

合作の手法は、ネームと人物はヤマザキマリが担当し、
背景などの仕上げをとり・みきが担当しているらしい。
「本気」を出した時のとり・みきの背景画は、「山の音」などでも定評のあるところで、
試しに送った古代ローマの背景画を見たヤマザキマリ周辺のイタリア人が
その出来の良さに、ずいぶん驚いたほどだったそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です