八王子の金・プラチナ買取店

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 八王子の金・プラチナ買取店
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

カーブが少ない新東名高速で実験及び検証し、走りやすい高速道路に対象を広げるとしてるけど、当たり前の話だが高速道では荷物を降ろせない。たとえ短い意距離でも一般道を走るし、角を曲がることになるけど、その際に乗用車や自転車や歩行者を巻き込まない保証はあるのか。運転手付きの車にしか乗らない官僚の机上論にしか思えないんだが。

規制緩和の理由の一つが運転者不足とか、軽井沢の高速バス事故の原因が運転者の経験不足、これまで乗らなかった大型バスの運転を、受け容れざるを得なかったのが、多くの若い命を奪う導火線。大型トラックの運転免許を持っていても、皆が同じ技能を発揮できるとは限らない。まして運転手の体調や精神状態、大きくなるほど危険を内包する。

車を運転した人ならわかるけど、既存の大型トラックでも、横に並べられるとタイヤだけで威圧される。ましてトレーラーは間違いなく蛇行、右折ゾーンで停車してると、後方と正面衝突の感覚。これがさらに長くなって増えたら、間違いなく事故は多発するだろうし、一般の乗用車は安心していられない。速度も遅くて渋滞にもなるだろうし。

中小の運輸会社やトラック運転手を、安く使おうという大手企業の目論見だろうが、その結果として交通事故の死傷者が増え、裁かれるのは仕事に追われる当事者ばかりで、日本はますます経済格差、こんな暴挙を赦しちゃいけない。大陸じゃないんだから、むしろ規制は強化すべき。狭い島国なら、道幅に合った車にしないと危なくて仕方ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です