国立の印鑑屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 国立の印鑑屋
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

複雑怪奇な料金システムや端末購入の仕組み等を含め、相も変わらず不親切で
その層が本当に求めているニーズってのを理解も把握もしていないように見えて仕方がない。

若年層向けプランの施策に躍起となるのは他でもない、
その層が市場を動かす鍵になっているためだろうと容易に想像がつくわけだけど、
それは一定の理解が出来る反面で、およそ数の上ではもっと多いだろう
上の層を如何にして動かすかについてのアイデア、戦略という点では、
実のところ現キャリアの連中は想像以上に「能がないのでは」と思わずにいられないのであり。

周辺や実情を観てみると、本当は安くしたり自分に合ったプランの選択、
スマホ端末や利便性の高い方法を取りたいという、漠然とした欲求を抱いている人が少なくない。
にもかかわらず、複雑な料金システムを筆頭に、スマホ特有の各種デメリットらを総合すると、
どうにも手出しを躊躇している・・というのが大半なのだ。

裏返せば、ここをある程度調整するだけでドカッと数字が動きそうなもの。
どうあれ上の層が所持する端末にもそれなりの寿命は発生するわけだし、
学生プランにあるように、台所事情には特段の神経を使っている人が多い層であるのに、
なぜここへの配慮が注がれず横に置かれたような状態であり続けるのか・・

ガラケーニーズが依然として根強いのは、

・シンプルで利用の主体である通話行為にとって最も適しているから
・ガラケー機能で事足りるから
・電池持ちの関係上、スマホへの移行に躊躇いが生じているから
・スマホ使用は、複雑な料金システムや各種条件を熟知しないとならないから

こんなところだろう。
この辺はおそらくキャリア側も相応に承知しているだろうとも思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です