久しぶりの大寝坊

久しぶりに大寝坊をしてしまいました。
昨夜バイト上がりに少し趣味をしていたのが原因の一つですね。
やはり仕事上がりすぐに寝なくてはなりませんね。
現在電車の中でこの文章を作成しているのですがどうにも頭にもやがかかったようで体が動きません。
この朝のだるさは苦手なのについ夜更かしをしてしまいます。
今度からは本当に気を付けなければ。
いずれ来る時のために遅刻はしないようにしなくてはなりませんからね。
今からでも早寝の癖はつけておかなければ。

大型のショッピングモール

最近私が通学する際に通過する駅に新しく大型のショッピングモールができました。
駅から微妙に離れているし、特に私の家から近いわけでもないので行くことはないと思うのですが、ちょっと興味はありますね。
それにしてもここ数年、大型のショッピングモールがどんどん増えていますね。
他の地域のことはわかりかねますが、私の住んでいる地域ではそうです。
そんなにどんどん作っていいものなんですかね。
そりゃ便利ではあるんでしょうけど。

運動始めました

最近本格的なダイエットを始めました。
私がしていることは簡単なランニングと毎日のストレッチ。
後は食事制限と難消化性デキストリンですね。
ランニングは時間があるときだけで、ストレッチは毎晩寝る前の習慣になってます。
食事制限についてはまじめにダイエットしている人とは比べ物になりません。
お代わりをやめた、程度のものです。
普通に間食とかもしています。
ただ甘い飲み物はほとんど飲みませんね。
後は難といっても難消化性デキストリン。
これはかなりやせますよ。
私はこれを使い始めてだいたい8キロほど減っています。


先月の映画

先月映画を日本見ました。
シンゴジラと君の名は。という映画の2本ですね
ミーハーだと思われるかもしれませんが、あれだけSNSなどで話題になっていればそりゃきになります。
さて、その映画の感想についてはどちらも面白かったで済んでしまいます。
そりゃあれがよかったとかこれがよかったとかいろいろ語れるような気がしますけど、気になるなら観ろの一言で終わってしまいますしね。
さてそんな感じに映画を見始めてから月に1回か2回は映画でも見に行こうかな?
と考えていたのですが、特別見たいと思うものもないというのも現状です。
たまたまあの作品が面白かったのかな?

賢いコイン買取

「テルマエ・ロマエ」で売り出したヤマザキマリの
「次は絶対ガチンコの古代ローマだ!」との思いから、
古代ローマの精神を丸ごと体現するような存在のプリニウスを描くことになったらしい。

で、プリニウスって誰?
「本名、ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(A.D.23~79年)。史上、もっとも有名な博物学者。
<寛容・進取・博学>と古代ローマの精神を一心に体現する男でもある。」と冒頭にある。
「博物誌」を書いた人だそうだ。

世界史の教科書で聞いたような気はするが、
いざどんな人物で、どんな人生を送ったのかといわれると。まったく想像がつかない。
ならば、この本を読めということだ。

目の前でおこるすべての現象を、蓄積し続けた教養をもとに語り続ける男・プリニウス。
彼は属州の総督代行として、口頭筆記者に自分が語るすべてを記録するように命ずる。
誰もが恐れる皇帝ネロの招集命令も意に介さず、ローマへ戻る旅路はゆったりとしたものだ。
プリニウスにとっては、皇帝よりも日々、目の前で起こることの方が興味深いのだ。

合作の手法は、ネームと人物はヤマザキマリが担当し、
背景などの仕上げをとり・みきが担当しているらしい。
「本気」を出した時のとり・みきの背景画は、「山の音」などでも定評のあるところで、
試しに送った古代ローマの背景画を見たヤマザキマリ周辺のイタリア人が
その出来の良さに、ずいぶん驚いたほどだったそうだ。

切手買取で高額ゲット~~~

「聖なる花嫁の反乱」では、逃亡した花嫁・エリセにかかわる8人に共通する
生まれつき身体に現れた神聖文字がそれだ。
一人ひとり異なる神聖文字は文字であるとともに、
相反する二つの意味をもち、その人物の生き方に関わっているとされる。

例えば、神殿の執行官・ザディアスに与えられた言葉は、「忠実と不服従」だ。
「忠実」な信仰を持っていると思っているザディアスは、
ともに与えられた「不服従」の意味がなかなか理解できない。

予知夢を見るホームレス・アーサーは神の声が聞こえ、未来を予知できるが、
なぜ無力な自分に神が話しかけるのか困惑し、ありえないことだと思っている。
そんな彼には、神に対する戸惑いを体現するように、「信と不信」の印が与えられている。

そして、花嫁・エりセの幼馴染で、その美しさから緋の貴婦人に囚われ虐待されたリオンは、
緋の貴婦人が囚われた今になっても、彼女をを前にすると身体が震える。
それをどう決着つけるのか、彼に与えられた言葉は、「罪と許し」だ。

そして、報酬のために戦うゼラム傭兵隊長には「獲得と喪失」、
戦災孤児の少女・シエナには「無垢と強さ」、
敵国の異教徒のシャルワール王子には「分離と一体」、
神殿の聖殿長には「創造と破壊」の言葉が与えられた。
(あれ、もう一人、刑吏のシドのメッセージはなんだったか。)

紫堂恭子は、これらの相反する二つの言葉を
人間が常に併せ持っているものとしてとらえ、
正義や、勇者や、心正しき者などという絶対善の勝利ではなく、
二つの側面を持った人間が迷いつつ選択した結果として描く。

大阪の着物屋さん

腰巻によれば、「萩尾望都待望SF新作」だそうだ。
確かに、歴史に縛られた「王妃マルゴ」では、発想の跳躍ができないというストレスもあるだろう。
しかし、功成り名を遂げ、腱鞘炎にも苦しむ萩尾望都が、
ここへ来て二つ目の連載を始めるとは思わなかった。

2033年3月21日、強烈なデリンジャー現象が起こり、
テレビも映らず、飛行機も電車も止まってしまった翌朝、
世界から18歳以上の大人が消えた。

3月31日、混乱する子どもたちをなんとかまとめようとする高校生の一紀のもとに、
空中から赤ん坊が出てくるという情報が病院から入ってくる。
そして、18歳の誕生日を迎えると、この世界から消えてしまうらしいことも。

4月1日、18歳を迎えた一紀は、子どもたちが突然消えた社会にいた。
大人たちは、自分たちが暮らす社会を「HOME」と呼び、
一紀が昨日までいた子どもたちだけの社会を「AWAY」と呼んでいた。

巻末に「謝辞」があり、
本作が小松左京の短編「お召し」を原案にしていることを明言している。
「お召し」では、残されるのが12歳以下で「なす術が無くなる、とても怖い話」だったが、
「AWAY」は、もう少し年齢を引き上げることで、
「少しは赤ん坊の世話もできるし、地域社会を維持したりできるかもしれない」というあたりを、
萩尾望都は意図しているらしい。

つまり、アイデアは「お召し」であったかもしれないが、
テーマは、子どもたちがどのようにして地域社会を維持していくのかにあるようだ。

東京の印鑑屋さん

天才女優・芦田愛菜の映画初主演作である。

ドラマ「明日、ママがいない」では、養護施設で暮らす子どもたちのリーダーとして、
大人が見過ごす子どもたちの心情を汲み上げつつ受け止めるという、
大人以上に大人であることが求められる難しい役をこなしていたが、
この「円卓」での芦田愛菜は、全くの子どもだ。

大阪近郊の公団住宅に暮らす小学三年生のこっこは、
好奇心旺盛で、傍若無人で、元気で、正直で、ワガママで、まっすぐだ。
気になる言葉は、とにかくジャポニカの自由帳に書き留め、
「普通」でないことにあこがれている。

「ものもらい」(「メバチコ」やろ)になった級友が眼帯をしているのをカッコイイと思って、
翌日、同じように眼帯をして、「えんきんかん」がなくなることを実感してみたり、
紛糾する学級会に、委員長の朴くんが「パニック」になって「ふせいみゃく」で倒れると、
同じようにパニックで倒れてみたりする。

朴くんが「ざいにちかんこくじん」であることを告げると、
「三世なんて王様みたいでカッコイイ」と素直に口にするし、
ゴッくんの両親が「ボートピープル」だったことや、幼馴染のぽっさんの吃音にも、
その「平凡さ」からの距離に心の底からあこがれている。

という演技を、芦田愛菜がものの見事にやってのけるのである。

台本は何百回も読んで身体にしみこませ、監督の注文にも即座に対応し、
両親を演ずる八嶋智人や羽野晶紀のアドリブの掛け合いにも割り込んできたのだという。
役者として計算しつつ、主人公・こっこになりきる。
それを当たり前のようにできる女優・芦田愛菜がそこにいる。

関西の小学三年生・こっこのひと夏の心の成長を描いた映画を、
関西出身の芦田愛菜が小学三年生だった2013年の夏に撮影できたという幸運。
彼女に断られていたら、映画は作らないつもりだったという行定監督の言葉もうなづける。

で、映画そのものなのだが、ドラマ「明日、ママがいない」でもそうだったように、
芦田愛菜が演じることで主人公にリアリティや存在感が出すぎてしまい、
少し緩めに設定された物語世界の方を許さず、
普通のフィクションであれば許される程度の現実からの逸脱が、
決定的な欠点であるかのように増幅されてしまうように感じたのだった。

ものすごく歌の上手い人が歌う童謡が、どこか居心地の悪さを感じさせてしまうように。

倉庫のバイト

最近また新しくアルバイトを始めました。
それは倉庫のアルバイトです。
詳しくわ会社側から厳しく言うなと言われているのでどこの会社の倉庫かは言えませんが、大手の会社の倉庫です。
そこでなんの業務をしているかというと、流れてくる段ボールを仕分けする仕事をしています。
今までいろいろなアルバイトをしてきましたが、あそこまで必死になって働いたのは初めてでした。
まあその分仕事をしている間に時間が過ぎるのも早いんですけどね。
時間が過ぎるのが早い仕事はいいですよ。
警備のアルバイトはほんとに時間が進まないですかね。
まあ大変ではあるんですけど。
ホテル予約